花だよ。お花_m.GIFDoula Cafe花だよ。お花_m.GIF
にしお/次回開催 未定 
こうた/次回開催 未定 
とよた/次回開催 未定 
おかざき/次回開催 未定 
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿
花だよ。お花_m.GIF抱っことおんぶ花だよ。お花_m.GIF
次回 開催未定  親子でキュッと!気持ちいい抱っことおんぶ〜ベビーウエアリング〜
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿

2020年12月31日

2020年 今年もありがとうございました☆


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif


今年もあと数時間となりました。
それぞれの大晦日はどんな気持ちで過ごされていますか??

私の一年の活動を振り返りますと、
ドゥーラカフェなどのイベントが思うように開催できず、
みなさまにお会いできる機会が少なかったことが心残りです。

ただ、これはサポートのご依頼を沢山頂き時間の確保が難しくなった為でした。
ありがたいことです四つ葉

コロナ禍の不安が増える中での妊娠・出産・産後を過ごされている
ご家庭にサポートに行かせてもらい、様々な現状も目の当たりにして、
思うことはいっぱいでした。

この状況の中での妊娠や、無事のお産の知らせをもらえることは、
本当に嬉しいことです。
今日も、無事のお産の知らせを受け、年明けのサポート開始に向け
気持ちを上げてもらえました光るハート

今年の現状をこれから妊娠、出産、産後を迎える皆様に繋げていけるよう、
活動を続けていくことが私の出来ることとして邁進していきますてれてれ光るハート

そして。。。
こちらのブログでは報告出来ておりませんでしたがあせあせ(飛び散る汗)
10月より
★ドゥーラステーションめぐる★
という屋号を持ち、事業拡大を進めております。
(1月には、従業員は3名になります♪)

産前産後サポートから繋がる家事代行サービスをはじめ、
それぞれの家庭に必要なサポートを提供していきます光るハート

新年を迎えましたら、活動内容などこちらでもお知らせさせて頂きます。
また、私の思い、サポートの状況などは、
引き続きこちらでもお伝えしていきます。

来年からのドゥーラステーションめぐるとしての
発信を楽しみにしてもらえると嬉しいですにこにこメロディ

今年もありがとうございました。
みなさま、よいお年を門松きらきら
posted by まつもとしのぶ at 20:26| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2020年11月23日

西三河 産前産後の行政サービスまとめ

2021年 4月・5月・6月に出産予定の方のサポート依頼受付中です!
サポートお申込み⇒★★★


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

ずっとまとめてみたかった情報です☆
私の活動範囲の西三河地域の、行政が提供している、
妊娠中から産後のサポートやケアの事業内容です。

見比べてみると、ちょっとした違いが色々あり。
さらに全国的に比べると。。。ですが。

先ずは知って下さい顔文字、表情、気持ち_m (9).GIF

※以下の情報は2020年9月現在のものです。
利用に際しましては、各行政のHPにてご確認下さい。


@産前産後の訪問型支援
産前産後@.png
産前産後A.png
産前産後一覧.pdf


A産後ケア事業
産後ケア事業@.png
産後ケア事業A.png
産後ケア一覧.pdf

それぞれのリンクをまとめました⇒産前産後ケア リンク.pdf

先日、刈谷市在住で産後6カ月のママより、
サポートの問い合わせがありました。
離乳食が始まり、お子さんの生活リズムもつかめず、
ママの睡眠不足。
こういった場合、一先ずママの身体を休めて欲しい!
と思うのですが、
刈谷市では、産後ケアの利用は産後4か月まであせあせ(飛び散る汗)
使えるサービスはなく、私の所へたどり着いたという所です。

妊娠中から産後間もなくだけでなく、そこから続く子育て期の、
どの時期でも助けて欲しい時があります。

来年度に向けて、各行政がどのようなサービスにしていくか、
検討してくれていると思います。
今後も、色々な形のサービスができるはずです。
(と私は信じています)

何とかそれぞれの家庭に合った利用ができるものができるといいですね顔文字、表情、気持ち_m (2).GIF

posted by まつもとしのぶ at 13:58| Comment(0) | 妊娠・出産 行政情報

2020年09月15日

私が伝えたい「食べること」


2021年 4月・5月・6月に出産予定の方のサポート依頼受付中です!
サポートお申込み⇒★★★



産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif


今週も、産後サポートは午前、午後と満席です。
今日は、お申し込みのキャンセルと、新たなお申し込みがありました。
命を感じる毎日です花だよ。お花_m.GIF

私のサポートで、「ごはんを作る」ということは、
とても重要なお手伝いのひとつです。

ドゥーラ協会認定の産後ドゥーラは、養成講座で「食べること」にまつわる色々も勉強しています。
また、協会の教えとしては、妊娠中から産後の女性の身体のための料理ということで、
「出汁を使った和食」が基本にあります。

「食べること」についても、
「料理」についても、
私は養成講座で学んだのみです。

私が妊娠中は、私にとって一番ストイックに食べ物にこだわっていました。
その流れで、産後ドゥーラとして活動を始めたころは、
サポート先の家庭でも、そのこだわりを捨てきれず、
モヤモヤしたこともありました。

今はといいますと。。。
「美味しいと感じて食べてもらいたい」
ただこれだけです。

本物の調味料、無農薬の野菜、
などなど、お勧めしたいことは変わりません。

けどそれも、ただ美味しいから。

Point Blur_20200914_125301.jpg

昨日作ったごはんです。

パッと見は、いつもと変わらないと思いますが、
1歳を過ぎたお子さんも一緒に食べられるようにと作った、
シンプル料理です。

さらに言えば、ママが再現する時に、手間がかからない、
シンプル料理です。

サポート先のママには、私の作った料理の作り方を教えて欲しいと言われることも増えました。
そう言ってもらえるのは嬉しいことなので、お伝えしています。

でも、私は料理家でもなんでもないので、
分量がどうとか、温度がどうとか、
それはちゃんとした数字でお伝えする事はできません。

そして、伝えたいことは数字ではないのです。

レシピを見ながら作って、毎回同じ味を作ることもできないと思うし、
それをママ・パパに求めることじゃないよね。
と思っているから。

あなたが大事にしたいことはなんですか?

ごはんを手作りすることなのか、
レトルトやお弁当でもお腹を満たすだけのものなのか、
栄養を考えたものなのか、
こだわった素材を使うことなのか、

この大事にしたいことは、私はなんでも良いと思います。

ただ、「食べること・もの」で、体と心に変化があることは間違いないです。

実感しないと分からないと思うから、私が作るごはんを美味しいと感じてくれたなら、
私の作るごはんを真似してもらうことが、先ずは一歩かなと。

真似をするヒントはお伝えできます。
真似だから数字もいらないんじゃないかな。

そして、その先に、それぞれの人が作ったごはんが、
家族にとって美味しいごはんになればいいなと思う。
家族が元気になるといいなと思う。

ごはん作りが面倒なのは間違いないけどね笑_m.gif







posted by まつもとしのぶ at 14:03| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2020年09月07日

岡崎市議会 9月定例会で「産前産後の支援について」一般質問がありました!


2021年 4月・5月・6月に出産予定の方のサポート依頼受付中です!
サポートお申込み⇒★★★


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

記録、そして報告したいことが色々な最近ですが、
なかなかパソコンに向かう気持ちになれずにおりました。
そんな私ですが、元気です顔文字、表情、気持ち_m (11).GIF


今日は報告を。
8月27日 岡崎市議会 9月定例会にて、
公明党 野島さつき議員が、一般質問で登壇され
「産前産後」のことを取り上げてくれました!!

1599455637435.jpg
↑その登壇前に、連絡を頂き、お会いした日。
私のこれまでの活動と、ママの声を聞いてもらい、
とても産後ケアについて理解されている野島議員の存在は、
心強いなと感じていました。

そして、議会の当日、私はサポートの合間に、
ケーブルテレビでの生中継を観ることができ、
とても感動したのですきらきら

DSC_7242.JPG

ただただ嬉しい気持ちとしましては、
「産後ドゥーラ」
「一般社団法人ドゥーラ協会」
という私たちの存在を話して頂いたこと。

岡崎市の取り組みに、私たちが具体的に関わって、
何かするということはまだまだ難しく、
そこを求めていることもないのですが、
活動6年目を迎える今、
少しでも地元のママ達に私の経験が還元されることに、
関われたのではないかと思います。

野島議員の産前産後についての質問は大きく分けて、2つでした。
★産前産後の支援について(新型コロナウイルスの影響)
★産前産後ホームヘルプサービスについて

どちらも野島議員と岡崎市のやり取りを聞いてもらいたい!!

簡単にまとめてみます。

★産前産後の支援について
※すべて新型コロナウイルスでの影響についてです。
両親学級が中止になっていること。
⇒市のHPでの情報提供をしている。
文字だけで分かりづらいので、助産師会などの動画を導入してみては?
⇒今後、既存の動画の導入など検討します。
里帰り出産や、立ち合い出産ができなくなっていることへの対応は?
⇒不安の声や相談は受けていない。
産後ケア事業の利用状況は?
⇒コロナの影響を恐れて控えたという方はいない。また、コロナの影響による不安で利用されるという方もいない。産後の支援者(家族)が不足して利用された方はいます。赤ちゃん訪問など、助産師や保健師の自宅訪問で要支援の方の訪問回数が増えていることはある。

(他に、予防接種についての質問もされていました。)

岡崎市の見解では、コロナの影響で、支援が不足しているという判断はされていないなというのが私の印象です。
「母子手帳交付時に情報は届けている」
この発言。。。
ママ達!声をあげて!!と言いたくなる。

ここで野島議員は
「相談できずに一人で頑張っているママもいるかもしれません。産後のサポート状況の変化など、
ゆっくりと話を聞いてあげて頂ければと思います。」

とおっしゃっていました。

これも、私のサポート先で聞いたことのひとつ。
「保健師さんが忙しそうで、時間を気にしてたから、
思うように話ができなかった」というママの声。

私のサポートも時間が限られていますが、
ママにそう感じさせることはあってはならないはず。

野島議員の発言、思いが届きますようにと願うばかりです。


★産前産後ホームヘルプサービスについて
以前、ホームページでは対象の利用者について「体調がすぐれず」という言葉があり、
どんな人が利用できるのか分かりにくいという声がありました。分かりやすい説明や、利用者の声などを掲載することで分かりやすくなると思いますが、どのような見解か?

⇒市では、子育てガイドブックやすくすくメールなどで、情報を届けている。リーフレットをHPでダウンロードできるようにし、ワンクリックで情報を得ることができる。利用者のアンケート調査実施については、時期が難しく、実施する予定はない。

※産前産後ホームヘルプサービスの詳細、リーフレットのダウンロードはこちら→★★★

※「体調がすぐれず」という言葉が削除されたのは、今回の野島議員の一般質問の準備での指摘から対応してくれたことです! 早い対応には感謝します。
※野島議員の発言
「以前の質疑で、利用者の声に耳を傾けながらという発言がありましたが、ママにとって利用しやすいサービスにする為にもアンケート調査の実現をお願いします」

利用申請について。窓口へ出向くことが大変という声がある。他市では郵送での申請を受けている。また、申請に2週間かかることについての見解は?

⇒産後の状況について聞き取りする必要があり、それが難しい方は、親族に委任することで、家族の申請でも可能であるので、郵送での対応はしない。申請の2週間という期間は、ヘルパーを確実に確保するために必要な期間であり、しばしば緊急の申請があるのは事実ですが、出来る限り対応しています。

※野島議員の発言
「両親が遠方に住み、近くにパートナーしか動ける親族がいないと、週末が窓口が休みで申請が難しいこともあるので、郵送の検討をお願いします。」

このサービスは、介護ヘルパーやシルバー人材の方が対応していますが、研修はされているのでしょうか?
⇒H30年までは各施設にお任せしていましたが、ヘルパーからの「赤ちゃんのお世話に不安がある」「今の子育てについて分からない」という声があったため、昨年度から助産師による指導を行っています。

パパが育休中はサービスを利用できないことについての見解は? また、パートナーに産後のママの身体的、精神的つらさなど、自分では伝えられないので、ヘルパーを通して伝えてもらい一緒に学ぶ機会にしたいという声もある。
⇒育休は、育児をするための休暇ということで、このサービスの利用はできないことは変更しない。

※野島議員の発言
「パートナーに産後うつや子育てに関する理解やサポート力が欠けていたり、ママが落ち込んで憂鬱な気持ちが続きイライラが止まらず、パートナーにきつくあたり続けてしまうと、パートナーも支えきれずに仲が悪化することに繋がってしますこともあります。」

このあたりのことは、市の回答はありません。
現状のサービスでは、家事と簡単な育児の支援といったところなのだと私は思います。
ヘルパーのスキルをどこまで求めるか。
そこは支援を受ける側が良く考えていけるといいなと思います。
家事をお願いしたいだけなら、問題もなく、
心のケアまで必要であったり、ママ自身が求めているなら、他のサポートの検討も必要なのだと思います。
医療者として、助産師・保健師。
専門家として、産後ドゥーラ。
ママに合った産後ケアが選べるといいですね。

この他、私たち愛知県と岐阜県で活動する産後ドゥーラで作成した
「産後の準備手帳」についても取り上げて頂きました。
CAADD04B-B127-4EAC-AA5F-4CC4585A7AD2.png
私たち産後ドゥーラが伝えたい産後の過ごし方のことや、
実際の産後の生活についてのチェックリストが掲載されています。
興味がある方は、ご連絡ください顔文字、表情、気持ち_m (10).GIF

最後の野島議員の発言
「産後うつは女性で10から15%いると言われ、男性も同じくらいの割合だと言われています。お互いに頑張り過ぎず、夫婦で支え合い、楽しく子育てできるように、今後も利用しやすい支援サービスをお願いします」

私がまとめたものですので、少し言い回しが違っていたりします。
でも、これを読んで感じたことがあれば、私に聞かせて欲しいです。

この一般質問からの変化も、しっかり見ていきたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私の5年の活動なんて、ほんのわずかなことです。
この機会で私は振り返りができ、
自分の思いと結果をみることができました。
積み重ねってすごいことなんだね。
単純に自分も褒めてあげようかな。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆


タグ:岡崎市
posted by まつもとしのぶ at 14:39| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2020年07月22日

【開催報告】ママに届けたい!えびちゃんのイキイキ♪おはなし会


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif


1週間前になりますが。。。

Doula Cafe おかざき 
久し振りの開催をしました顔文字、表情、気持ち_m (4).GIF

DSC_6886.JPG

しかも、特別編として
ママに届けたい! えびちゃんのイキイキ♪おはなし会

3月に開催する予定だったこの会。
新型コロナウイルスの影響により延期としておりました。

お呼びしたのは
講師:蛯沢 光(えびさわ あきら)さん
特定非営利活動法人法人ひだまりの丘 副理事長・事務局長
特定非営利活動法人法人なごやかサポートみらい 理事長

line_63722804248399.jpg

【子どもが育つためにはどんな環境が必要か?】
 考え、改め、深めることができる
 そんな研修やお話会を目指しています
(蛯沢さんHPより)

令和元年度に、私が受講した「愛知県子育て支援員講習」
この講習でえびちゃんは講師として、いくつかのテーマでお話されています。
そこで聞かせて頂いたおはなしは、私にとってとても新鮮で刺激をもらうことばかり!
それは、産後ドゥーラとして活動する上で必要な内容であるのですが、
1人の母として、これはみんなが聞いて欲しいお話だと思ったのです。

その思いはすぐに実現し、Doula Cafeにお呼びすることになりました♡

コロナの影響で中止になった3月開催予定のお申込みは満席でしたが、
そこから期間を置いての開催は、コロナの影響もあるし、
集まるのだろうか?
そもそも開催すること自体。。。。
という不安も拭えずにいた私。

申し込みを開始して、一瞬でそんな不安もどこへやら笑_m.gif

開催して良かったにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gifにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gifにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gif
今はそれだけです。

line_137656776474830.jpg
産後ドゥーラ松本忍の熱い想いをお届け中上指差しきらきら

えびちゃんのお話を聞いて、お伝えしたいことはいっぱいです。
いつものように私が控えた言葉を残します。

★自分の為に
★お母さんが!!
★夫婦で出せ!
★辛いと言え!
★自分が本音で
★その場で考える
★声をあげる
★相手(子供やパートナー)にとって、その言葉かけはどうなのか考える
★できない環境だっただけ
★考える機会を与える

私のメモは乱暴だな(笑)
えびちゃんの発する言葉は、同じ意味でもとても優しいのです。
どんな話をされても、強く優しい。

ぜひ私のこのメモを読んで、みなさんそれぞれで考えて欲しいです。
そして私に会える人は、分からない項目があれば聞いて下さい!
また、考えたことがあれば聞かせて欲しいな。

今回、コロナの影響が続く中、オンラインではなく、
集いの場で開催したこと。

これは、私の大事にしたいことなんだと再確認できました。
「会って話したい」

そして、どんなことも話せる相手として、私は居たい。

えびちゃんのお話にいつも共感できるのは、
えびちゃんは自分のことをなんでも話してくれるからだと思っています。
そして、その上で相手のことも考えてくれる。

活動内容は全く違いますけど、
えびちゃんの思いは、私が願っていることでもあって。
その思いを分かりやすくお話してくれるから、
みーんなに会って聞いて欲しくなるのです。

今回参加してくれた支援者としての活動をされている方々とのご縁も、
えびちゃんに感謝です。

私一人で助けられないことも、
連携していける、
私が助けてと言える存在が増えたと思います。

今後も、えびちゃんの活動を応援するのはもちろん、
えびちゃんのお話を聞いてもらえる場を作っていきたいです顔文字、表情、気持ち_m (13).GIF

もうさ、コロナを気にしなくていいなら
100人くらい集めて届けたい。
いや、100人じゃ、えびちゃんは「今やりますよ八分音符
って軽く言うんでしょうけどね笑_m.gif

少人数でじっくりもいいかぁ顔文字、表情、気持ち_m.GIF

あらためまして、
この日に集まってくれたみなさま
ありがとうございましたにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gif

ーーーーーーー
さらにお知らせです顔文字、表情、気持ち_m (9).GIF
私のお手伝いをしてくれることになったこの方にゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gif
たかちゃんです!
received_597358124523434.jpeg

私の活動をいつも応援してくれていた2児のママ。
私の状況を気にしてくれて、とうとう「手伝うよ!」と声を掛けてもらいまして。
すぐにお願いした私です。

今の私のやりたいことを実現するには、一人じゃ無理なんです。
そのやりたいことも理解してくれて、
それでも手伝ってくれるという奇特な彼女顔だよ。笑う_m.GIF

一先ずイベントのお手伝いからですが、
このお知らせをすることは、私にとっては決意表明でもあります。

私の活動と共に、たかちゃんも見守って頂けると嬉しいです。









posted by まつもとしのぶ at 09:46| Comment(0) | Doula Cafe 
d9.png
産前産後のママに寄り添い、家事・育児のお手伝い
サポートの詳細は
産後ドゥーラ 松本忍 ホームページ にてご確認下さい。
http://doula402.jimdo.com/
(お問い合せ・お申込も、ホームページよりお願いします。)
d9.png