花だよ。お花_m.GIFDoula Cafe花だよ。お花_m.GIF
とよた/6月26日(水)開催 
にしお/7月17日(水)開催 
こうた/8月9日(金)開催 
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿
花だよ。お花_m.GIF抱っことおんぶ花だよ。お花_m.GIF
7月3日(水)親子でキュッと!気持ちいい抱っことおんぶ〜ベビーウエアリング〜
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿
花だよ。お花_m.GIF龍城ウエディング マタニティイベント花だよ。お花_m.GIF
整体体操:整体師の夫が講師です♪ 2019年/1月・3月・8月・12月
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿

2016年07月22日

幸せなお産 NO,5 (長男出産)


2010年 8月 長男出産

予定日を4日過ぎた健診での、田中先生からお言葉。
「期は熟して実ります。きれいな羊水 いのちのしづく」
45884bda0acfddf7fbd029a3cbf68858_s.jpg

吉村医院では、“いのちの誕生”という冊子をもらいます。
そこには、吉村医院で出産することにまつわる全てのことが
書かれていて、健診の記録もしてもらえます。
そして健診の度に、先生のその時の思いなどを書いてくれるのです。

これを読み返す度に、妊娠中からの我が子への思いが蘇る。
とっても大切な冊子です。

予定日を過ぎた頃は、まだかまだかと焦ってました。
“段取り1番!!”φ(゜゜)ノ゜
とバリバリ働いていたので、予定通りじゃないのは嫌でした。
だから、この健診の前日は登山してましたし(笑)

でもその日の先生からのお言葉で、心が落ち着き、
それを赤ちゃんもお腹の中で感じたのか・・・
その日の夜中に始まりました。
おしるしからの始まりです。


出産は、ひとそれぞれの始まり方があり、
初めての出産となると、予定日数日前あたりからドキドキですよね。
おしるしがあるのか?
陣痛から?
破水から?
そもそも、これっておしるし? 陣痛?
ってね。

経験のない状態。
楽しんで迎えることは出来ていなかったかなぁ。

これはおしるしだ!そのはずだ!
と自分に言い聞かせると、夫を起こし
「おしるしっぽいけど、どうしよう?」
って伝えていました。

夫。。。困るよねぇ台風
もっとわからないよね夫は(笑)
とりあえず、吉村に電話だ!
ってことになり、状況を伝えると
「陣痛が始まっていないなら、明日の朝来てください」
ということでした。


今は、「うん、そうだよね(^^)d」と思えますが、
その時は、「え〜診てくれないんだ〜(T0T)」でした。

朝を迎え、一応入院の用意も持ち吉村医院へ。
子宮口は数センチ(正確な数字は忘れてしまいました)しか開いておらず、
一先ず、どうなるのか心配で病院に居たかったので古屋へ。
午後からも診てもらったのですが、子宮口の開きはあまり進んでおらず、
陣痛も始まっていましたが、まだまだの状態。
一旦自宅へ帰り、お風呂と食事を済ませることに。

そうこうしているうちに、陣痛の間隔も短くなり、
それがまた不安で、食事を済ませると夕方には病院へ行きました。


これも、今思えば初産にしては、なかなか順調な陣痛の進み方だったと思うけど、
病院へ行くには早かったかなと。(^_^;)))

病院の入院部屋に入ってからの陣痛は、
キタキタキター!!!
という感じ。
付き添ってくれていた母に
「痛いー怒り(ムカッ)怒り(ムカッ)ダッシュ」と言うと
「痛いよねー」と体をさすってくれる。
それを何回繰り返したことか。


陣痛て・・・ 
痛いねいなずまいなずま
これしかないですね。
これを乗り越えたら、赤ちゃんに会えるきらきらきらきらきらきらきらきら
なんて、きらきらした気持ちなんか全くなかったかも。
ただただ耐える。 それだけ。


そして、期は熟し・・・

いよいよ分娩室へ。
吉村医院の分娩室は、和室。
布団が1枚敷いてあり、楽な姿勢になるように使えるクッション1つ。
私がその部屋に入ったのは夜だったので、
小さな明かりが1つ。

分娩室に入って、数分後に破水。
そういえば、分娩室に移動になる少し前に
夫の整体を受けていました。
安産になるようにという技を。
ここから一気に進んで破水になったと感じます。
気になる方はお問い合わせ下さい☆


それからは、ギャーギャー言ってた私。悪魔
私の右には母。左には夫。
どれだけの力で夫と母の手を握ってたのか覚えていない。

声も出さず、静かに頑張れるという方もいると聞いていたので、
そうできたらいいな、なんて思ってましたが、
私はギャーギャーでした。( ̄▽ ̄)
これも、良しです。
これが私の本能なのだ。

この辺りまでくると、
赤ちゃんも頑張ってるから早く出してあげたい。
そんな気持ちだったかな。

そして、助産師さんの一言

「頭が見えてるからね〜」

え? 頭が見えてるなら出してあげないとダメじゃない?
(頭が見えてるのって、普通ですよね。そんなにスルッと出てこない…)
と思い、
出できて
と最後の力を込めると、

出てきてくれましたぁ。
赤ちゃん


3,150グラムの男の子無事出産完了。
母子手帳にも、
「安産!! 素晴らしかったです」
と書いてもらえましたきらきらきらきらきらきらきらきら
_20160722_151130.JPG

自然分娩。
無事に産まれてくれた奇跡。
ここから始まった私の子育て。

今は二人の息子にイライラするし、
どうしていいか分からないことばっかりだし、
母としての悩みはつきませんが、
この出産の時の思い。
書いて振り替えってみると、書ききれないほどの
色んなことを思い出す。

ここに帰ればいつでも愛が溢れ、
進んで行けると思います。


長〜くなりましたが、長男出産記録。
読んで頂いて、何か思ってもらえると嬉しいです(^∇^)


*ホームページあります*
産後ドゥーラ 松本忍 http://doula402.jimdo.com 



かわいい私が認定された産後ドゥーラかわいい
詳しくはこちら➔ 一般社団法人 ドゥーラ協会


posted by まつもとしのぶ at 23:37| Comment(0) | 幸せなお産(吉村医院でのこと)

2016年07月15日

幸せなお産 NO,4 (次男妊娠期)


愛知県岡崎市 吉村医院こと
第4回です。

第1回 第2回 第3回
良かったらお読みくださいー☆


次男の妊娠期のことです。

2回目の妊娠は、赤ちゃんは私のお腹の中で一生を終えました。
その後、落ち込んだものの、すぐに次の赤ちゃんを授かりたいと思っていました。

吉村医院では、こんな時も自然出産をさせてもらえるので、
その後の妊娠については、
「一般的に、生理が再開して3回来た後に妊娠するよう言われるようですが、
そのようなことは考えず、授かれる時に授かりますので、いつでもいいですよ」
と言われました。

素直に受け止めました。

そして、生理が再開し、翌月の生理も迎え、
翌々月に次男は私たちのところへ来てくれました。m(;∇;)m

来てくれたのか、帰ってきてくれたのか。
受け止め方は色々できるのですが、
流産から順調に回復してくれた、私の身体に感謝。
支えてくれた、家族・友人をはじめ、みんなに感謝。

すぐ来てくれると感じていました。
そして、今回の妊娠は必ず生れてきてくれると確信していました。
なので、吉村医院の教えである
ビクビクしない!
というところは、難なくクリアーです。

全く心配しないことはないですけど、どんな妊娠でも同じですからね。
リスクはみんなあります。
そして、流産を経験したからこそ、その生と死について、
受け止める覚悟があって、不安なし!
といったところです。


次に
パクパクしない!
暴飲暴食はしていないですが
「薄味の和食で、肉・魚は控えめに、甘いものはダメ×」
という教えが守れなかったなぁ。
それでも、大丈夫と思っていたのです。
長男の頃は、心配で心配で、
「これを食べた事で、赤ちゃんになにかあったら。。。」
という不安がいっぱいで、必死に気をつけていました。

なのに、この時は心配する暇がなかったのかも。
2歳の長男に振り回されていましたので。

そしてね、当時吉村医院に応援で来ていた先生がいました。
その先生の健診を受けた時のお話。
「吉村先生には、色々食べることについて注意されると思う。
だけど、私はみんなで楽しく食べるものは、どんなに食べても悪くない。
我慢して、我慢しきれなくて、一人でこっそり食べる。
それは悪い影響があると思っているんだ」

「そうですよねー!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
とすっごい納得して帰ってきた、忘れられないお話です。
そして私はこれを良い理由にして、心配することなく、
食べたい物を食べて過ごし、結果として問題なく過ごせました。

今の長男と次男のからだを見ていると、
ちょっと次男の方が弱いと感じることもあり、
本当に問題なかったのか?
と思う事もあるので、妊娠中の経過に対しては
問題なかったと言えると思います。

 
ゴロゴロしない!
これまた、長男の妊娠中のころと比べると、できていなかったなぁ。(^▽^;)

ただ、長男の相手をしていたから、単純に「ごろごろ」する時間はなかったです。
でも、散歩をしたり、スクワットをしたりなんてことは、
予定日の1ヶ月前からくらいで、
産休に入った頃からやっと吉村医院の古屋に通い、
まき割・雑巾がけといった労働をしていたくらいです。

しかも、長男の時は、病院まで40分ほどかけて歩いて行っていましたが、
この時は、もちろん(笑)車で行っておりました。あはは。


こんな感じで、長男の時にくらべると、とってもゆる〜い妊娠生活を送っていました。
当時の写真が、全くないたらーっ(汗)
妊娠中の写真って、意識して撮っておくべきですね。
DSCF1180.JPG
これが、次男出産前日の私。
顔が写ってないし、長男でほとんど隠れてますが(^_^;)
お腹が大きいことは分かるかな。


私が毎月参加しているイベントで、マタニティフォト撮ってもらえますよひらめき
龍城ウエディング マタニティイベント


そして迎えた出産はと言いますと、
安産!!

分娩室に入って、5分でご対面ハートたち(複数ハート)
気持ちいい出産を経験できましたるんるん
私にとって、吉村医院での教えで1番必要だと思うこと。
これから妊娠する方には、気を付けてもらいたいことがいっぱいありますけど、
「ビクビクしない!」
これです。



DSCF1183.JPG
生れた翌日の次男。 
ここから私の産後は続いているのだな。


気持ちいい出産って?
と思う方が多いのでしょうか?

出産のことは、また。
長男の時のことから書きます☆




産後ドゥーラ 松本忍 主催イベント
Doula Cafe(ドゥーラ カフェ) おかざき inてくとの家
毎月第4(火) 開催中です☆

詳細はこちらから→7月・8月・9月開催 Doula Cafe お知らせ


*ホームページあります*
産後ドゥーラ 松本忍 http://doula402.jimdo.com 



かわいい私が認定された産後ドゥーラかわいい
詳しくはこちら➔ 一般社団法人 ドゥーラ協会
posted by まつもとしのぶ at 15:24| Comment(0) | 幸せなお産(吉村医院でのこと)

2015年09月10日

幸せなお産 NO,3 (2回目の妊娠=流産)

愛知県岡崎市 吉村医院こと
第3回です。

次男の事を書く前に、書いておきたい私にとって2回目の出産について。

自宅で一人で自然分娩しました。
その4日ほど前に、お腹の中で命を全うし心臓は動いていないことを確認していましたが、立派に私のお腹の中から出できてくれたのです。
妊娠が分かり、その後2回目の検診で分かったので、初期の流産です。
f0140171_1517994.jpg


吉村医院では、このような場合、自然に出てくるのを待つのです。
一般的には手術することが多いのでしょうか。
「出て来てくれるまで何日かかるか、それはその子によって違いますが、自然に任せるのが母体にとっても一番です」という説明でした。
「一ヶ月の方もいれば半年待つ方もいます」と・・・

私は何の疑問もなく、待つことを受け入れました。
そして、普段通りの生活を送り、出産の時を待つことになりました。
当時は会社員として、フルタイムで仕事をしていましたし、長男もいましたので待つというより、ただいつもと変わらない一日をお腹で眠っているその子と過ごしていく。
心臓は動いていないけど、その存在は大きく、心は生きていると思っていたので、
「いつ出てきてくれるのかなぁ」と話かけながら。

そして・・・
その日は、朝からお腹が痛いなと思いながら仕事をしていました。
先生からは普通の出産と同じように陣痛がはじまると聞いていたので、もしかしたら出て来てくれるのかなと、期待と不安のなか痛みもどんどん強くなり。
もう帰る準備をしようかとファイルを棚にしまうため、しゃがんだ時にお腹に力が入り激痛。
とにかく帰らなきゃと、早退することにして自分で車を運転し帰りました。

車で5分程の距離ですが、激痛ともう出て来てしまうと本当のお別れになってしまうという悲しみで、泣きながら必死に帰宅しました。
帰宅後は、まさに陣痛を何度も乗り越えた時と同じようにその痛みに寄り添い、もう今だというのも自分で感じ、出産しました。


自宅で一人で自然分娩。
辛くて悲しくてだけど出産できたことに感謝できる、最高な出産だったと思います。


その後は、吉村医院で処置をしていただき、入院することはなく自宅で数日安静にということで、仕事は休みゆっくりさせてもらいました。

私にとって2回目の妊娠は流産となりました。
検診でエコーを見た瞬間、私は理解できました。心臓が止まっていること。
理解できたのに受け入れられない現実。でもそこで立ち止まる訳にもいかない。
自分を責めました。
悲しみのどん底にありながら、普段通りに仕事へ行き笑ったりする。
長男には悟られないようにと接する。
お腹の中で眠っている子は、隠されたままというのがなにより悲しかった。
その存在を大声で発表したかった。


でもでも、
支えてくれた夫や母や親友、そして吉村医院。
先生や看護師さん、受付の方、みんなとっても自然に寄り添い支えて頂きました。
その後の私のからだも十分回復し通院が最後となった日、
「流産することになってしまったけど、吉村医院だったから乗り越えられたと思います。
 また通える日を楽しみにしています。」
と前を向き先の事を考えることができるほど。

私が経験しておくべきことだったのだと受け止めています。
妊娠して無事に生まれてくれる奇跡。
これを体験でき、自然に任せることだけでなく、自然に向き合う覚悟。
そんなことも、より深く私の中に残りました。


私は長男を出産するまで仕事が大好きで、段取り一番!と効率ばかり考えた行動をしていて、それが自分の生活の流れにもあり、自分の思い通りにならないと嫌でした。
こどもが産まれ、子育てがはじまり思い通りにならないのが当たり前の生活。
妊娠をしたから出産まで、という道も当たり前ではないこと。

段取り一番!より 対応力一番!

私を成長させてくれたことに感謝です。


私は産休・育休を2回とらせてもらいました。
その後、仕事復帰すると多くの同僚に
「なんか丸くなったね。」
「お母さんになるとやっぱり違うね。」
「子供を産んだ後の方が女らしくなったね。」
と、言われるようになったのです。(〃'∇'〃)
これって、吉村先生が言う、“本当の女性”になれたんじゃ!?
と嬉しいことぴかぴか(新しい)

まっ、それまでが超怖い松本さんで通ってましたのでギャップは大きいのでしょう
「松本さんがもうすぐ復帰するって!ちゃんとしないと叱られるぞ!片付けろ!」
って言われてたみたいですから(* ̄∇ ̄*)
その反応も素直に受け入れることができる自分になれたのも、妊娠・出産・流産と経験できたからこそなのかと思います。

女性は変われるチャンスがある!

私の変化は吉村先生にとっては当たり前
「ほれみなさい!」
と言われるんだろうな。

一人で旅立ってくれた赤ちゃんもそんなことを教えるためにきてくれたんだな。


かわいい私が認定された産後ドゥーラかわいい 詳しくはこちら➔ 一般社団法人 ドゥーラ協会

かわいいメルマガ登録できます!かわいい 登録はこちら➔ メルマガ登録画面
〜登録方法〜
るんるん登録画面にて@ホスト名:shinobulogAあなたのメールアドレスを入力
るんるん登録したメールアドレスに、登録受付メールが届きます。
  届いたメールから登録完了手続きをして下さい。
るんるん登録完了メールが届けばOKです。
posted by まつもとしのぶ at 11:38| Comment(0) | 幸せなお産(吉村医院でのこと)
d9.png
産前産後のママに寄り添い、家事・育児のお手伝い
サポートの詳細は
産後ドゥーラ 松本忍 ホームページ にてご確認下さい。
http://doula402.jimdo.com/
(お問い合せ・お申込も、ホームページよりお願いします。)
d9.png