花だよ。お花_m.GIFDoula Cafe花だよ。お花_m.GIF
とよた/6月26日(水)開催 
にしお/7月17日(水)開催 
こうた/8月9日(金)開催 
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿
花だよ。お花_m.GIF抱っことおんぶ花だよ。お花_m.GIF
7月3日(水)親子でキュッと!気持ちいい抱っことおんぶ〜ベビーウエアリング〜
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿
花だよ。お花_m.GIF龍城ウエディング マタニティイベント花だよ。お花_m.GIF
整体体操:整体師の夫が講師です♪ 2019年/1月・3月・8月・12月
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿

2019年01月07日

1/16(水)西三河お産会議 開催します☆


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

西三河のお産にまつわるあれこれをやりたい!

ということで、年末にありがたいご縁があった、
西尾市の出張専門りこ助産院 助産師 荒川 涼子さん

そのご縁を繋げてくれた、
ゆる☆める 伊藤あずささん

それぞれが別々な活動をしている私たちですが、

一緒になら
これもやりたい!
これもやれるかも!

繋がることで出来ること、ワクワクが増えました♪

こんな感じで、西三河を盛り上げていこう(^^)/

ということで、一先ず集まって今後のことをおしゃべりします。


「お産会議」なんて言っていますが、
ゆる〜く思いを吐き出す会でもあります☆ 笑い_m.gif

お産に関わるお仕事をされている方はもちろん、
マタニティの方や、子育て真っ最中のママも!

一緒におしゃべりしませんか?
聞いてもらうだけでもOKです!

_20181220_091914.JPG

*******
日時 2019年1月16日(水) 9:30〜14:30
(時間内、出入り自由とします) 

場所 八ツ面ふれあいセンター

無料で参加頂けます。
*******

お申込みはメールにてお受けします。
doula.shinobu☆gmail.com
(☆を@に変えて送信下さい)
・1/16 お産会議参加申し込み
・お名前
・電話番号
・お住いの市町村
・お子様の同伴あり・なし
以上をお伝えください。



posted by まつもとしのぶ at 11:27| Comment(0) | イベント(その他)

2019年もよろしくお願いします☆


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

今年初のブログ更新です。

あけましておめでとうございます。
新年を迎え、お正月休みは特別なことはなく、
この数年のうちにできてきた
恒例行事にそって過ごしていました。

1日 お寺へ新年のご挨拶・氏神様へご挨拶・その後私の実家で過ごす。
2日 夫の実家へ帰省 
3日 初詣
4日 ゆるりがもり 大お餅つき大会参加
5、6日 その年によって (今年はダラダラと。。。)

DSC_2874.JPG
夫の実家で使われていないお鍋とかき氷機を頂いてきました。
どちらもレトロ過ぎるけど、まだまだ活躍してくれそう顔文字、表情、気持ち_m (12).GIF


毎年同じような行動をしていても、
子供たちの成長に合わせ、
ちょっとした違いも色々。

特別なことはなくても、そんな少しの違いを、
ゆっくり感じていきたいなと思います。

さて、今年はどうしましょう?

去年の10月頃から、新しい年の活動について、
ずっと思いを巡らせていました。

どうも、はっきりしない自分の気持ち。

やりたいことや思いは、どんどん出てくるんだけど、
具体的に進めない。

そんな年末でした。

*産後ドゥーラを知ってもらう為にやることはまだまだある
*産前産後サポートの依頼をどんどん受けたい
*私の思いを伝えたい
*家のことも丁寧にやりたい
*新しく始めたいこともある

相変わらずやりたいこと多過ぎだから私顔だよ。笑う_m.GIF

そんな私が迎えた2019年のテーマは

にゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gifにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gif

集まる
集める

そして、集中

これまでと変わらず、妊娠中から産後の女性が集まる場を作っていく。

そして、新しい出会いを集める。

どんな行動も、自分に集中したい。


自分の気持ちに集中することが、
今の私に必要なことだと感じています。

産後ドゥーラとしての活動を楽しむためにも、
家族の幸せのためにも、

今年もどんどん進んでいきますよ顔文字、表情、気持ち_m (13).GIF

変わらず見守ってくれると嬉しいです。

_20190107_101632.JPG
もらってきたお鍋で初仕事は、黒豆を煮ました。
年末にできなかったのです。
年を越したやりたかったことも、
大事にこなしていこうと思います。


posted by まつもとしのぶ at 10:51| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2018年12月27日

2018年 サポート納め☆


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

今年最後のサポートを終えた今日。

ホッとして帰宅してやったことは、
ずっとやりたかった、部屋の模様替え顔文字、表情、気持ち_m (12).GIF
私の仕事用にしていた机は、ダイニングテーブルへ!

それから今は手帳の整理を。
DSC_2795.JPG

緑色の手帳は、これまで私に出会ってくれたママの名簿です。
依頼者さまはもちろん、ドゥーラカフェなどのイベント参加者、
お問い合わせを頂いた方をちょっとしたメモと一緒に、
全部書き留めています。

それがちょうどこの12月で一冊目が終了しました。
2015年10月から2018年12月まで。
振り返って名前を見ていると、みんなに会いたいくなっちゃうにゃ子+ハートとか星載せたよ(≧∇≦)_m.gif

気持ちを落ち着かせる為の手帳の整理。

最近は、来年の事ばかり考えているけど、
まずは、今年を無事に終えることをしようと思います。
(まだ、掃除したいし、模様替えで移動しただけのおもちゃが積んであるしw、年賀状が投函できていることだけが救いです)

振り返ると今年は本当にたくさんの新しい経験をさせてもらいました。
そして、変わらず続けてこれたことも。
_20181227_224725.JPG

_20181227_224749.JPG

_20181227_224807.JPG

たくさん料理もしました。
赤ちゃんのお世話もしました。
ドゥーラカフェも毎月開催できました。
その他のイベントも開催できました。
初めての感情を味わう出来事もありました。

そして何より、たくさんのママと一緒に笑いました。

サポートしたママも、その他で一緒に過ごしたママも、
誰一人同じ状況だということはありません。

私は出会ったママから、たくさんの事を知りました。
そして、一緒に悩むことも。

ママ達はみんなそれぞれ一生懸命です。

そんなママ達と過ごすことで、
私も一生懸命に進んでこれたのだと感じます。

来年の事も色々考えていますが、
私がやりたいのは「産前・産後のサポート」

私のお手伝いを通して、たくさんの愛情をママに届けたい。

この思いを持って、来年の活動も進めていきます。ハート 顔文字_m.gif



今年の経験から、来年はどうなっていくのか、
自分自身を楽しみたいな笑顔_m.gif



posted by まつもとしのぶ at 23:22| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2018年12月10日

帝王切開のお話


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif


初めて電車で岐阜へ行ってきました。
岡崎駅から岐阜駅まで、約1時間。

乗り換えなしで行けるから、近い!!
途中、名古屋からは産後ドゥーラ仲間も合流して、
おしゃべりしてたから、さらにあっという間顔だよ。笑う_m.GIF


【帝王切開のお話】
【帝王切開ママの振り返り会】

に参加してきました。


帝王切開カウンセラーとして活動している細田恭子(ほそだやすこ)さん
2000年に帝王切開情報サイト「くもといっしょに」を開設し、
活動を続けていらっしゃいます。

48051527_533601803780805_3439424065633255424_n.jpg
細田先生と産後ドゥーラ3人☆


私は、ママに寄り添う産後ドゥーラとして、
ずっと気になっていた「帝王切開」のこと。

細田先生のところに届く、ママやその家族の声は、
私の心にずっしりと響いてきました。

全然知らなかったことばかり汗顔文字_m.gif

帝王切開といっても、色々な状況と方法と選択とがあり、
その情報を妊娠中に知る機会はほとんどありません。

それでも、現在日本では
5人に1人が帝王切開で出産!
20年前より2倍!
って。。。

予定帝王切開緊急帝王切開がありますが、
誰にでも起きる可能性があることなのに。

・手術の流れ
・産後のケア
・傷のこと

このひとつひとつ説明を聞きましたが、
経験がない私にとっては衝撃でした。

しかも、病院によって対応は大きく違う。
だけど帝王切開することを前提としては病院探しはしないということ。

そして、このどの場面でも、
当事者のママは傷つくことが起こっている。。。

そして、モヤモヤしたまま子育てを続けているママがいる。
何十年経っても。。。

細田先生のお話は、全て当事者目線であり、
優しい話し方に、何度も涙しました。
ーーーーーーーー


午後からは、振り返り会。
ママの体験・思いを話す場を、支援者は聞かせてもらうという、
かなり貴重な機会でした。
(今回は助産師・鍼灸師・看護師・子育て支援者・産後ドゥーラがいました)

ここで話すことで、
「自分だけでなかったんだ」
と気付くこと。

これがどんなに大きな前進になることか。
ーーーーーーーー


「無事に生まれたんだからいいじゃない」

自分のことを思って言ってくれてると分かる。

だけどね、

だからね、
自分の想いを飲み込んじゃう。

「お母さんになったんだから強くいないといけない」
って思っちゃう。

傷ついたまま。
ーーーーーーーーー

それから、もう一つ知ったこと。
医療者は、その後のママの気持ちを聞く機会がないこと。

今回参加されていた、助産師さんや看護師さんが、
これを知れたことが良かったと言っていました。

確かに、退院して、産後1ヶ月検診が終われば、
ママに会うこともなくなってしまう。

そんな思いがあったなら。。。って。
ーーーーーーーーーー


今回私は、帝王切開についてたくさん知ることができました。

先ずは、産後プランニングの時には、
帝王切開のお話を伝えたい。

帝王切開のママの産後サポートでは、
いっぱいお話聞かせてもらいたい。


細田先生の言葉
「産み方」にこだわり過ぎず、
ここから続いていく「育て方」を大切にしていくための、スイッチ切り替えが必要です。
(HPより)

聞き流す力
(この日私が書いたメモより)

ママが乗り越えていく過程に、
私は寄り添っていこうと思います。


DSC_2709.JPG
今読んでいる本。
帝王切開とは、真逆のようなお産のお話しがここにはあります。

どちらも大切なこと。

私の「お産」への想いが復活しております。
来年の活動に繋げるのだ!顔文字、表情、気持ち_m.GIF


posted by まつもとしのぶ at 13:32| Comment(0) | 思い☆産後ドゥーラしのぶ☆思い

2018年12月08日

産後7ヶ月で産後サポートのご依頼


産前産後の女性に寄り添い、家事・育児のお手伝い
一般社団法人ドゥーラ協会認定 産後ドゥーラ松本忍です☆_m.gif

12月6日のご依頼は
午前 産後サポート
午後 産後プランニング+お試し

DSC_2698.JPG
午前のお宅で作った料理。
塩サケを使って欲しいとのことで、
白菜・玉ねぎ・人参・しめじを出汁で炒めたものに、
焼いた塩サケを加えて、さらに少し煮ました。
調味料は無し。
塩サケの塩味で十分! 
ちょっと辛いくらいだったようですが(^-^;

いつも料理の感想をくださる依頼者さま。
励みになります顔文字、表情、気持ち_m (8).GIF



そして、午後のお宅へ。
サポートの依頼の前のプランニングとお試しでした。

産後7ヶ月。
上には3歳のお兄ちゃんがいます。
そして、産後2ヶ月で保育園を退園。

おじいちゃんおばあちゃんのお手伝いで、
何とかここまで乗り切ってこれらたママ。

それでもやっぱり大変で、
今回私のサポートを検討してくれました。

はい、分かります。
私も同じ、上の息子3歳児で出産し、
産後2ヶ月で保育園を退園という経験者。

「友達から色々話を聞いていたんですけど、
何とか過ごせると思っていたんです。
一緒に居られる時期はここしかないからと、
一時保育なども考えることもなく、過ごしてきました」


ママの気持ち、とっても分かります。

ママとはたくさんお話しました。

ママの想いをたくさん受け止めました。

その想いの全部に寄り添ってあげたい。

産後ドゥーラとして、私ができることで、
ママの笑顔を増やしたい。

プランニングでは、どんなサポートにするか決めていくんですけど、
今回、これ!という形にはなりませんでした。

お兄ちゃんのお世話中心にする?
家事のサポートにして、お兄ちゃんと遊ぶ時間を作る?

色々なサポートができる産後ドゥーラだからこそ、
その時に必要な内容のサポートを臨機応変に対応します。

サポートに行く日の、ママの気持ち・お兄ちゃんの様子・赤ちゃんの様子。
それ次第で、やって欲しいことも変わってくるのは当たり前。

ということで、プランニングでは内容は決定せず、
当日の希望でのサポートをお受けすることとなりました。

今回、ママとお話して、自分も同じ状況だった頃のことを色々思い出しました。

私は、何とか保育園の生活リズムを崩さないように過ごしていました。
お昼寝の時間を変えたくなかったから、
支援センターへ行っても、最後まで居ることはなく、
11時には帰って、お昼ご飯。
その後、3人でお昼寝。
私にとっても、お昼寝は欠かせなかったです☆ 笑い_m.gif

支援センターでは、保育士さんが手遊びなどをやってくれるんですけど、
12時少し前から始まって、12時に終わる。
これだと帰ってお昼ご飯にするには遅い!!
私がきっちり過ごし過ぎなのなかなぁ?
って、当時思ってました。

毎日一日を終えること。
それだけが当時の目標だったな。


0歳児から保育園で過ごしている子供にとって、
3歳でまた家庭で過ごすことになるのは、
どんな思いなんだろう?

お母さんと過ごせるから、
特に影響はないんだろうか。

けど、お母さんにとっては、戸惑いが多いよねと思うし、
今回のママも言っていました。

これまで保育園で体験していたこを、
うちでもやってあげなきゃ!と思う。

けど、毎日は大変。
支援センターに行っても、保育園で遊んでいたから、
支援センターにいる他の子どもたちとは、うまく遊べなかったり。
仕事をしていたころは気にならなかったことが、
家で過ごすことで、気になっちゃって。
それができないフラストレーション顔文字、表情、気持ち_m (1).GIF

ママが家族みんなのことを考えるほど、
想いと現実のギャップができちゃう。

そして、こうやって過ごしているママはたくさんいる。

だから自分もやるしかない!

って思っちゃうよね。顔文字、表情、気持ち_m (6).GIF

今回のママは、今後月に2回ほどのご利用を検討してくれています。
そんなご利用ももちろん大歓迎!!

家族の協力に感謝しつつ、
外部のサポートも利用すること。

先ずはここを受け入れてくれたママ。
それだけでも、すごく前進して、気持ちも楽になったはずです。

何より、このプランニングでたくさん話をしてくれたことは、
ママの気持ちの解放になっていると感じます。

産後ドゥーラの利用の仕方は色々です。

色々な利用方法があるところが、産後ドゥーラの売りでもあるのかな。

サポートが開始して、当日どんなサポートを依頼されるのか、
私は楽しみにしています。顔文字、表情、気持ち_m (11).GIF


保育園の3歳児退園問題。
問題だと感じることなく、
過ごせる世の中になって欲しいな。


posted by まつもとしのぶ at 11:15| Comment(0) | ドゥーラサポート
d9.png
産前産後のママに寄り添い、家事・育児のお手伝い
サポートの詳細は
産後ドゥーラ 松本忍 ホームページ にてご確認下さい。
http://doula402.jimdo.com/
(お問い合せ・お申込も、ホームページよりお願いします。)
d9.png